« 相続(特別受益) | トップページ | 婚外子の相続差別は違憲 最高裁 »

自筆の遺言

相続が発生してからの手続きをとても楽にしてくれる遺言書。

遺言書にはいくつかの種類がありますが、私的に絶対お勧めするのが公正証書遺言。

ただ、公正証書遺言は公証役場に出向く必要があったり、費用がかかるので、司法書士などの専門家を介せずに遺言を作成される方の大半は自筆証書遺言を利用されているような気がします。

自筆証書遺言はたしかに作るのは簡単です。が、しかし、書き方を間違っていたりすると無効になってしまう場合もありますので注意が必要です。実際、事務所に来られた方で「その遺言所書は…」という方も時々おられますので。

そしてなにより、私が思う、自筆証書遺言の最大のデメリットは、いざ相続の手続きをするときに手間がかかること。

そうです。家庭裁判所による検認が必要なんです。

これ書類集めとかもあるし、結構面倒くさいです。すべての相続人に裁判所から通知が行ったりするのも、場合によっては厄介です。

最近あった事例ですが、「すべての財産は妻に相続させる」という自筆証書遺言を遺して夫が亡くなりました。相続人は、妻と子供二人。

通常だとここから戸籍集めて、検認申し立てして、通知が来て、裁判所行って…となります。何度も言いますが、これ結構面倒くさいです。時間もかかるし費用もかかるし。

でも、子供二人がこの遺言に同意している場合には、ちょっとした裏技があって、そうすれば検認しなくてもいいのでかなり手続き的に楽になります。

何が言いたいかというと、こういう手続きはいろんなやり方があるので、司法書士等の専門家に任せてしまった方が結果的に楽で安上がりだったりすることもあるわけです。

最後に、今回は遺言の内容がわかってる前提で書きましたが、実際に自筆の遺言を見つけても封がしてある場合は勝手に開けちゃだめですよ。

開けたら5万以下の過料の可能性があります。

それに場合によっては改ざん等を疑われるかもしれないんで気を付けてください。

« 相続(特別受益) | トップページ | 婚外子の相続差別は違憲 最高裁 »

相続・遺言」カテゴリの記事

2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ